« ひとりごと その3 | メイン | 心に響いた言葉 »

アルザス風シュークルート

2009年02月12日

新宿から京王新線に乗って、2駅目。
幡ヶ谷(はたがや)に、とってもおいしいフランス料理のお店があります。
以前、こちらのエントリーでもご紹介しました「Dubois(デュボア)」です。

気さくな奥さんとシェフが営まれている、とっても居心地のよいお店で、おいしい料理とお二人に会いたくて、月に一度は足を運びます。

そのDubois(デュボア)で、ちょっと前から出しておられる、ものすごくおいしい料理があるのです。
それが「アルザス風シュークルート」です。

塩漬け豚バラ肉と薫製の豚ロース肉に、でっかい手作りソーセージが添えられていて、キャベツの酢漬けが山盛りてんこ盛り!

やわらかい塩漬け豚バラ肉をナイフとフォークで削ぎ切り、ひとたび口に運べば、豚の旨味がジュワーっと口一杯に広がります。
薫製の豚ロース肉は、豚の旨味と薫製のちょっとクセのある風味が絶妙で、これまたおいしい。
手作りソーセージの旨さは言うに及ばず、皮がパリっとしていてジューシーです。
キャベツの酢漬けは、ほどよい酸味とキャベツの甘みがおいしく、しんなりして食べやすいので、いくらでもはいります。

シェフはフランスで修行されていたとのことで、この料理もアルザス地方の料理なのかもしれませんね。


Dubois(デュボア)には、他にもおいしい料理がたくさんあります。

素材の味を活かしたシンプルな味付けの、肉厚で大きな「サーモンのマリネ」
鴨の砂肝ってこんなにおいしいんだ!って砂肝嫌いの僕がびっくりした「鴨の砂肝のコンフィ」
旨味が凝縮されたデミグラスソースのかかった、ボリュームに圧倒される「オムライス」
そして、イベリコ豚初体験だったんですが、あまりのおいしさに衝撃を受けた「イベリコ豚のマドラソースがけ」

ああ〜他にも「ラタトゥイユのグラタン」とか「マダイのポワレ」とか、ああっコーンポタージュなんて、甘みが凝縮されていてとってもおいしいんですよ。

パティシエである奥さんの作るデザートも、ほんとおいしい。
チョコ好きの僕は、いつもあつあつトロトロの「モワールショコラ」をお願いするのですが、この前は初めて「モンブラン」を頼みました。

このモンブラン、ただのモンブランじゃありません。
エスプレッソカップの中に、ほわほわクリーミーな生クリームが入っていて、栗の渦巻きがその上に浮いてるんです。
それをスプーンで一緒にすくって食べるのですが、栗の濃厚な甘みと生クリームの爽やかな甘みが相まって、いやもう最高です。

Dubois(デュボア)は、めでたく昨年12月に5周年を迎えられました。
この店に行くだけでも、幡ヶ谷に行く価値があります。
ぜひぜひ足を運んでみてください。


Dubois(デュボア)
http://www.sasahata.com/c082/


大きな地図で見る


About

nakagawax (Nakagawa Masaru)

京都に生まれて育ちました。
東京で作曲・編曲活動しています。

> nakagawax.music
> mixi
> はてなブックマーク

このエントリーについて

2009年02月12日 22:30に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ひとりごと その3」です。

次の投稿は「心に響いた言葉」です。

他にも多くのエントリーがあります。blogトップページアーカイブページもご覧ください。

携帯ブログ

qrcode.jpg
Powered by Movable Type 3.35