« iPhone買って、SoftBankに乗り換えました | メイン | また京都帰ります »

RADIOHEAD JAPAN TOUR 2008

2008年10月05日

RADIOHEAD JAPAN TOUR 2008.jpg先週からずーっと風邪ひきっぱなしなんですが、そんな中、なんとか薬をかきこんで、念願のRadiohead(レディオヘッド)のコンサートへ行ってきました。

場所は、さいたまスーパーアリーナ
観客は、ざっとみて約4万人くらいは入っていたと思います。
今年の1月にチケットを買って以来、待ちに待ってました。

RADIOHEAD JAPAN TOUR 2008
http://www.creativeman.co.jp/2008/radiohead/


まず前座は「Modeselektor」というDJ二人組によるプレイ。
(オフィシャルサイト面白いですね)
映像とリンクしたプレイは素晴らしく、観客の熱気も高まります。

そして休憩をはさんで、いよいよRadioheadのメンバーが登場。
最新作「In Rainbows(イン レインボウズ)」のナンバーを中心に、コンサートは進行します。

熱情ほとばしる激しい曲も、内なる情感を込めた静かな曲も、どれもこれもが印象深く、ググっと心に響きます。
何度も何度も、鳥肌が立ちました。

全体を通して言えるのは、曲やフレーズが非常に「シンプル」なこと。
シンプルだけど、単純じゃない。
ごちゃごちゃ音数を増やすのではない、贅肉を落とした「これぞ」というフレーズの組み合わせで、曲が構成されています。

また舞台装置も素晴らしく、たくさんの棒が舞台上に並んでいるので「何に使うのかな〜?」と思っていたら、それら全体がきらびやかに光り輝き、バックの映像とリンクして、とても美しかったです。
「グリーンとパープル」など、色の組み合わせも面白く、非常に参考になりました。

バックの映像は、舞台各所にカメラが設置されていて、リアルタイムの映像が大きく映し出されていました。
細かい表情やプレイがよく見れて、また前述の光る棒ともあいまって、とても美しかったです。

それにしても、Thom Yorke(トム・ヨーク)めちゃくちゃかっこいいですね!
アコースティックギター二人でのプレイでミスって「Again!」と言ってやり直したのは、ご愛嬌。

相方が勝手に「職人」と呼んでいたJonny Greenwood(ジョニー・グリーンウッド)は、ステージ上で次々に別の楽器を演奏し、まさに職人芸のように楽曲に彩りを与えていました。

アンコールも2回やってくれて、心ゆくまで堪能できた、ほんと大満足のコンサートでした。
次来るのは、何年後なんだろうな〜。

機会があったら、是非アルバム聴いてみてください!


Radiohead - DEAD AIR SPACE
http://www.radiohead.com/deadairspace/

EMI Music Japan | Radiohead(レディオヘッド)
http://www.emimusic.jp/international/artists/radiohead/

レディオヘッド - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/レディオヘッド

トラックバック

この一覧は、次のエントリーを参照しています: RADIOHEAD JAPAN TOUR 2008:

» Radiohead - Saitama Super Arena(2008.10.05) 送信元 999's Web Site
JUGEMテーマ:ROCK レディへ、行ってきました。(チケットは完売でしたが、なんとか入手、しかも良心的価格!) ラッキーでした。 久... [詳しくはこちら]

About

nakagawax (Nakagawa Masaru)

京都に生まれて育ちました。
東京で作曲・編曲活動しています。

> nakagawax.music
> mixi
> はてなブックマーク

このエントリーについて

2008年10月05日 18:50に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「iPhone買って、SoftBankに乗り換えました」です。

次の投稿は「また京都帰ります」です。

他にも多くのエントリーがあります。blogトップページアーカイブページもご覧ください。

携帯ブログ

qrcode.jpg
Powered by Movable Type 3.35