« 山田小説新作公開です | メイン | スペイン語の手紙における敬称の付け方 [メモ] »

「田紳有楽」口説/「志太の幽霊」観劇しました

2007年07月12日

denshin_shida.jpg先週の日曜日、7月1日に「空間アート協会ひかり」の「田紳有楽」口説/「志太の幽霊」の2本立てのお芝居を観劇しました。

こちらの「志太の幽霊」には、劇団イエロードロップスジュンペイさん、めぐみさんがご出演される(しかも二人芝居!)ということで、しかも!パンフレットのお二人が白塗りで、個人的にはこれを見ただけでも「うおお!楽しみ!」っと、ちょっとワクワクしながら足を運びました。

場所は、横浜駅のほど近くにある、「STスポット」という小劇場です。


まず最初は「田紳有楽」口説(でんしんゆうらく くどき)という作品。
役者さんの存在感や、その芝居の独特な空気感に圧倒されました。
息を呑むほどの、歌と踊りとそのリズムで、芝居の世界にググッと引き込まれます。
その一節は、今でも頭から離れません。
合いの手は「オターリマーシターカッ!」っておっしゃってたのでしょうか???

なにか、絵を見るような感覚に近い印象を受けました。
具体的に頭で理解するのではなく、感覚的に伝わってくるというか。
独特の緊張感が、最後まで続きました。


続いて、「志太の幽霊」が始まりました。
先程のお芝居での緊張感を引きずっていたのですが、お二人の見事な動きに、ノッケからやられました!
冒頭の「追い剥がれ」のシーンでの、軽妙な動きと息のぴったり合ったお芝居に、一気に場の空気が変わります。

たまらず僕の左隣の方が吹き出しておられて、僕も「あ、笑っていいんだ!」って勇気をいただきました(笑)

「志太の幽霊」は、江戸中期の「寛政の改革」を鋭く風刺したお話で、これまでの価値観がアベコベになった世界を滑稽に描いたものです。

軽妙なやり取りや、見事な表情、独特の言い回しなど、お二人の上手さが際立ってました。
思わず顔が微笑むというか、何度も自然と顔がほころびます。
ノッケからその世界に引き込まれて、あっという間に時間が過ぎてしまいました。
あー面白かった!

トラックバック

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 「田紳有楽」口説/「志太の幽霊」観劇しました:

» 『田紳有楽』口説・『志太の幽霊』2本立て公演 送信元 イエロ―・ドロップスのむふふな独り言
戯作者の山東京伝さん 日時 2007年 6/30(土)開演時間15時/19時 7/ 1(日)開演... [詳しくはこちら]

コメント (3)

sato:

横浜まで来てくれた事にまずは感謝♪

で、観劇、喜んでくれた事に、安堵。
ブログにまだ書いてくれてあんがと♪

sato:

「その一節は、今でも頭から離れません。
合いの手は「オターリマーシターカッ!」っておっしゃってたのでしょうか???]」

質問に答えてませんでした。
答えはこれです。「わか~りま~したか!」
「オターリマーシターカッ!」って、
これはこれで、インドに伝わる「○○経」の呪文みたいでいいね。笑)

nakagawax:

ほんと面白かったんで、書かずにはいられませんでした!
次回公演も楽しみにしてますー。

あの合いの手は「わか〜りま〜したか!」だったんですねー!
ありがとうございます!謎が解けました(笑)

まるで呪文のように、未だに僕の頭の中をグルグルと巡ってます。

コメントを投稿

About

nakagawax (Nakagawa Masaru)

京都に生まれて育ちました。
東京で作曲・編曲活動しています。

> nakagawax.music
> mixi
> はてなブックマーク

このエントリーについて

2007年07月12日 11:00に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「山田小説新作公開です」です。

次の投稿は「スペイン語の手紙における敬称の付け方 [メモ]」です。

他にも多くのエントリーがあります。blogトップページアーカイブページもご覧ください。

携帯ブログ

qrcode.jpg
Powered by Movable Type 3.35