« いよいよベスト8登場 | メイン | イタリア対フランスだ! »

ドイツ対ポルトガル

2006年07月08日

両チーム共に、準決勝は素晴らしい戦いでした。

本当にギリギリまでイタリアを追いつめたドイツ。
下馬評の低かった開催国は、
試合を重ねるごとに、着実に力をつけていきました。

何よりクローゼ、ポドルスキの両FWの連動性が素晴らしい。
見事なコンビネーションが構築されました!

それに加えて、バラックを中心として、
中盤の右のシュナイダー、
左のシュバインシュタイガー、
左サイドバックのラームを加えた波状攻撃は、
伝統のパスサッカーを見事に継承しています。

唯一の弱点と考えられるディフェンスラインですが、
開幕当初に露呈した不安定さはなくなり、
随分と安定してきました。


一方、ポルトガルはチームとしての完成度、その構成が見事です!
フィーゴ、C.ロナウドの両サイドの切れ味鋭い突破は破壊力抜群。
デコを中心にマニシェ、コスティーニャの攻守に渡る素晴らしい動き。
それに加えて、ミゲル、ヌーノ・バレンテの両サイドバックを交えての
チームの連動性は美しさがあります。
リカルド・カルバーリョ、フェルナンド・メイラのセンターバックも
非常に安定しています。

弱点とすれば、絶対的なFWがいないこと。
パウレタは力を発揮しきれていません。
しかし、ドイツにはクローゼ、ポドルスキがいます。
この違いは非常に大きい。

控え選手の陣容は両チームとも素晴らしいです。
ドイツは、ボロブスキ、ノイビル、オドンコールが、
ボルトガルは、シモン、ウーゴ・ヴィアナ、ティアゴが、
それぞれ投入後、効果的な動きを発揮しています。

両チームともW杯を通してチームの完成度が高まり、
この試合もめちゃくちゃ面白そうですね!
うむむ〜早起きして生で観るぞ!!

コメント (9)

Seeing that i have been exploring temporarly for a pleasant study with reference to this one topic . Researching in Yahoo I lastly came across this web site. Reading these details I am relieved to convey that I get a good uncanny feeling I came across precisely what I needed. I most certainly will make sure to remember this web-site and check it out consistently.

What a waste of time. You're poor english made this article hard to read. Learn to write.

Hello, You just have to visit this interesting site UK bank accounts for all, bye bye

Hi! Have You ever saw porno izle?

Considering this, I'd like to add that your post was very helpful in my attaining such insight. I hope you don't mind if I quote this information on my site, I think that it could help both you, and me. Keep up the great work, I'll be back in a few days to see what else you've added.

I'm wondering now if we can talk about your sites statistics - search volume, etc, I'm trying to sites I can buy adspace through - let me know if we can talk about pricing and whatnot. Cheers mate you're doing a great job though.

Hi there, i just now thought i'd comment and inform you your blogs design. It looks brilliant on the Opera browser. Anyways maintain the good work.

I love when you talk about this type of stuff in your blog. Perhaps could you continue to do this?

How much do you charge for sitewide links on your blog?

コメントを投稿

About

nakagawax (Nakagawa Masaru)

京都に生まれて育ちました。
東京で作曲・編曲活動しています。

> nakagawax.music
> mixi
> はてなブックマーク

このエントリーについて

2006年07月08日 01:55に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「いよいよベスト8登場」です。

次の投稿は「イタリア対フランスだ!」です。

他にも多くのエントリーがあります。blogトップページアーカイブページもご覧ください。

携帯ブログ

qrcode.jpg
Powered by Movable Type 3.35