« 敬語の壁 | メイン | 山田小説の新作です »

手書きの温かみ

2006年04月10日

年賀状や暑中見舞いなど、
裏は印刷するんですが、
宛名欄とメッセージだけは、
必ず手書きで書くようにしています。
それはやっぱり書く時に、
一人一人を頭に思い描きながら書きたいから。

プリンターで簡単に印刷できちゃうんですが、
どうにもそれが苦手なのです。
宛名を書いて、一人一人に宛てて何かを書きたい。

それは去年お世話になった感謝だとか、
最近どうしてる?といった何気ないものだったりだとか。

旅先の絵葉書を書くのもとても好きです。
大切な友達に向けて送る大切な手紙。
旅の貴重な一日を費やしてでも自分の中ではすべきことです。

eメールや携帯メールなど、
連絡の手段が手軽で簡単になりました。

でも一方、返事がかえってこなかったり、
すごく遅かったりだとか、
そういった意味でもすいぶん「軽く」なりました。

改めて手書きの温かみの大切さを感じます。
やっぱり手紙ってもらったら嬉しいですもんね。
書くのに時間がかかるんですが、
これだけはやり続けたいと思います。

コメント (3)

Hey check out my blog too. I hope i have some fun stuff too.

Good stuff, thanks for posting. I was actually looking for something else and this site came up lol. Oh well, 2 minutes of my life gone! Totally worth it though!

Always bear in mind that your own resolution to succeed is more important than any one thing.

コメントを投稿

About

nakagawax (Nakagawa Masaru)

京都に生まれて育ちました。
東京で作曲・編曲活動しています。

> nakagawax.music
> mixi
> はてなブックマーク

このエントリーについて

2006年04月10日 18:00に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「敬語の壁」です。

次の投稿は「山田小説の新作です」です。

他にも多くのエントリーがあります。blogトップページアーカイブページもご覧ください。

携帯ブログ

qrcode.jpg
Powered by Movable Type 3.35