« 山田小説新作です | メイン | 手書きの温かみ »

敬語の壁

2006年03月31日

小・中と野球部だったせいか、
どうも体育会系独特の敬語癖が
未だになおらない。

いや、初対面の人や目上の人に対しては、
敬語を使うのが当たり前なんだけど、
せっかく知り合ったのに、
こう、敬語が抜けきれなくて、
見えない「壁」を打破できなくてモヤモヤしたりする。

これを初めて意識したのは、
高校卒業して音楽学校に入った時。
なかなか周りに馴染めなくてモヤモヤしてた時期があったんだけど、
この時は「これまでどうやって友達作ってきたんだっけ?」
って真剣に悩んだ。

子供の時なんかは、
もう知らないうちに仲良くなったりして、
それがいつの間にか、
切っても切れない仲になったりしたのだが、
この年になると、
頭で考えてちょっと戸惑うこともしばしばある。

これまで多くの方々に敬語で接しておりますが、
安易な敬語はやめたいと思います!
なので、急にナアナアで話かけても、
みなさん、びっくりしないで下さいね。

態度がデカくなった!のではなく、
壁をなくしてフランクに接したいからなのです。
よろしく!

About

nakagawax (Nakagawa Masaru)

京都に生まれて育ちました。
東京で作曲・編曲活動しています。

> nakagawax.music
> mixi
> はてなブックマーク

このエントリーについて

2006年03月31日 18:10に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「山田小説新作です」です。

次の投稿は「手書きの温かみ」です。

他にも多くのエントリーがあります。blogトップページアーカイブページもご覧ください。

携帯ブログ

qrcode.jpg
Powered by Movable Type 3.35