« 山田小説新作公開 | メイン | 新しい手法 »

ネパール一人旅:7日目

2005年10月04日

1998年4月11日(土)晴れ カトマンズ CAMP HOTEL Rs100ルピー

今日も快晴、とても良い気分で起きた。
今日は明日のポカラ行きの準備日にするつもりだ。
昨日の上野さんとの約束通り、
パンパニカル・ベーカリーへ。

朝食をとった後、金の両替やら何やらで、
上野さんのホテルへ。
そこで、米ドルは持っていたほうがよいだの、
色々な旅の知恵を授かった。

両替も、T/C20ドルなら、
5ドル分だけルピーにして、
後米ドル現金(キャッシュ)15ドルもらう。
15ドルはできるだけ細かく、
1ドルをたくさん持つ、等々
色々教えていただいた。

その後、上野さんのホテル「タシデリ」の前の雑貨屋さんで、
スプライトを買って乾杯し、別れる事に。
上野さん本当にお世話になりました。
下痢に効く抗生物質をいただいたおかげで、
すっかりよくなりました。
その他、たくさんの旅の知恵を授かり、
本当に感謝しています。
また帰ってから連絡とりたいです。

その後、ダルバール広場近くの「SNOWMAN」
というケーキ屋さんに入り、
シナモンロールとチョコアップルケーキ、
ミルクティー、ブラックティーを頼み、くつろいだ。
シナモンロール1つで十分な量だ。
チョコアップルケーキはむちゃくちゃ甘かったが、
頑張って全部食べた。
その後、ミランを探しにダルバール広場に行ったが、
どこにも見当たらず、ひとまずホテルに帰った。

帰ってから、大きなバケツに2つお湯を頼み、
久しぶりに体を洗った。
この度始まって以来、初めてだ!
とても気持ち良かったが、
お湯が足りず、結構苦労した。

その後、色々して、とても天気がよいので、
ホテルの上にあがらせてもらい、
展望を楽しんだ。
とても晴れていて雲一つなく、北を見ると、遠く、
白くそそり立つヒマラヤが眺めれた。
とても綺麗で神秘的だ!
その左奥にも、大きな白い山がそびえ立つ。
なんと素晴らしいことが!!
ここに来て初めて良かったと思った。

スワヤンブナート寺院のほうは、
小高い丘に立っており、後ろの大きな緑の山に抱かれて、
とても綺麗だった。

町の方を見渡しても、レンガ造りの家々が茶色く光り、
一つ一つの建物はとても綺麗とは言い難いが、
日本の町並みよりは数百倍も景色に溶け込んでいた。
とても美しい景色があたり一面に広がり、
一時間ばかし、ボーッと眺めていた。
途中、フィルムを買いに行き、
山並みや景色を撮影した。

その後、電話するのと、飯を食いに行くのとで、
「タメル」まで歩いた。
タメル近くで電話屋があったので、
日本の実家に初めて電話を入れた。
(公衆電話などなく、電話屋さんがある)

とてもハッキリ母の声が聞こえ、懐かしさが感じられ、
涙が出そうになった。
こんなに家族の声を聞くのが嬉しいとは、
日本じゃ絶対わからなかったと思う。
肉親のありがたさを改めて実感し、同時に大切さも感じた。
話の内容は、元気にしてる事と、ポカラに行く事を伝え、
一分だけしゃべった。(国際電話はめちゃ高いですからね)
今までの旅で一番嬉しかった。
hashimotosan.jpg
電話した後、すぐ近くにある
「サムケー」というチベット料理屋さんに入り、注文しようとしたら、
「日本人の方ですか?」と声をかけられ、びっくりした!
「橋本さん」といって、眼鏡をかけた優しそうな方で、
店が混んで来たのでご一緒することに。
サムケーには毎晩来てるらしく、
店でも顔なじみだった。
店の女の子のリタ(めちゃめちゃカワイイー!!)とも親しく、
とてもフレンドリーな方だった。
lita.jpg
もう2ヶ月以上旅をしているらしく、
ネパール→インド→ネパールと行ってこられたそうだ。
ポカラには何と一ヶ月以上もいたそうで、
とても居心地が良い所だと言っておられ、
安くてよいホテルやレストラン、
チベタンキャンプの友達まで紹介してもらった。

そうこうしていると、
もう一人の日本人の方が入ってこられた。
satousan.jpg
「佐藤さん」といって、一ヶ月ちょっと旅をしているそうで、
ランタンへトレッキングに行っていたそうだ。
眼鏡をかけた静かに話す方で、
ピアノがとても好きだそうだ。
初期のジャズをよく聴かれるそうだ。

橋本さんは28歳(当時)の方で、
一昨年の旅が初めての旅らしく、
上海からチベット→パキスタン→ギリシャと
6ヶ月以上も旅をしたという強者だった。
なかでもイランのテヘランは美人が多かったとのことだ!

他にもチベットの入り方や話など、
お二人からとても貴重で新鮮な話を聞けた事は、
本当に良かった!
ポカラでも1泊2日でのミニトレッキングも可能という事なので、
行ってから考えたいと思う。

その後、閉店時間(9時半くらい)がきたので、
お二人とはここで別れる事に。
最後に住所交換をした。
佐藤さんは一週間後にポカラに来るそうなので、
また是非お会いしたい。
京都案内することを固く約束して、
お二人と別れホテルに戻った。

今日は本当にいい出会いができて良かった。
また家族の有り難さを再確認した一日でもあった。
明日は朝、5時半起き。
ポカラがとても楽しみだ。

コメント (3)

I agree with your thoughts here and I really love your blog! I've bookmarked it so that I can come back & read more in the future.

Wow, this was a really quality post. In theory I’d like to write like this too – taking time and real effort to make a good article… but what can I say… I procrastinate a lot and never seem to get something done.

Good stuff... Just killing some time at work rubbaging around and found your blog. Good looking page. I will have to add your page to come back. Cheers!

コメントを投稿

About

nakagawax (Nakagawa Masaru)

京都に生まれて育ちました。
東京で作曲・編曲活動しています。

> nakagawax.music
> mixi
> はてなブックマーク

このエントリーについて

2005年10月04日 10:00に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「山田小説新作公開」です。

次の投稿は「新しい手法」です。

他にも多くのエントリーがあります。blogトップページアーカイブページもご覧ください。

携帯ブログ

qrcode.jpg
Powered by Movable Type 3.35