« ジーコの決断 | メイン | iTunes Music Store »

確かな手応え

2005年08月04日

東アジア選手権、対中国戦は、
2−2のドローでした。
結果的には引き分けで非常に残念。
しかし、
内容的には大変充実したものでした。

まず総入れ替えだった先発メンバーは、
初代表の選手が5人いたにも関わらず、
前半から積極的な攻撃を仕掛けました。
やはりこの前の北朝鮮戦とは、
試合の迫力が大違い。
もどかしかった部分もあったけど、
観ていて楽しかった!

失点シーンは残念でしたが、
「点をとるんだ!」
「今日は勝つんだ!」
という想いは十分伝わってきました。

特に素晴らしかったのは、
やはり田中達也。
スピードと突破力、突進力は十分通用するし、
今の代表に足りない「代表に定着するんだ!」と、
モチベーションが非常に高かったと思います。
これは今日先発した全員に言えることですが。

それから、今野、駒野、村井、茂庭、巻。
今野は運動量とボール奪取力、素晴らしいですね。
駒野と村井はセンタリングの精度がよかったし、
茂庭は守備だけでなく、
攻撃面でも左サイドを上がって積極的に絡んでいました。
巻は目立った結果は出なかったけど、
今後に期待できる活躍でした。

阿部はさすがのキックの精度。
次の試合でも、
「阿部・今野」のボランチで十分機能するし、
効果的なんじゃないでしょうか。

個人的には、あと、
FC東京の石川や
浦和レッズの長谷部を是非招集していただきたい。
ガンバ大阪の二川もいいですね。

右サイドは加地しか選択肢がありませんでしたが、
駒野が新たに現れ、
さらに石川を加えれば、
ますます楽しみになります。

一方左サイドも三都主のみでしたが、
新たに村井が加わり、
三浦淳宏との三人で
レギュラー争いが激化してほしい。

トップ下も、小笠原ありきで、
その次に本山という序列ですが、
長谷部、二川を加えれば、
素晴らしい刺激になると思います。

こうして国内組の中でもまた新たな競争が生まれ、
今まで国内組で先発していたメンバーも
うかうかしていられません。

ドイツに向けて、
底上げは必要と叫ばれていますが、
こうしたオリンピック組や新たな選手の台頭に加え、
海外組も帰ってくるとなると、
これはもう代表戦は益々楽しみになります!!!
やっぱり常に強い代表が観たい!

今日の試合は、
確かな手応えを得た、
実りある代表戦となりました。
次はいよいよ韓国戦だー!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://nakagawax.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/107

コメントを投稿

About

nakagawax (Nakagawa Masaru)

京都に生まれて育ちました。
東京で作曲・編曲活動しています。

> nakagawax.music
> mixi
> はてなブックマーク

このエントリーについて

2005年08月04日 01:35に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ジーコの決断」です。

次の投稿は「iTunes Music Store」です。

他にも多くのエントリーがあります。blogトップページアーカイブページもご覧ください。

携帯ブログ

qrcode.jpg
Powered by Movable Type 3.35