« THE LIFE AQUATIC WITH STEVE ZISSOU | メイン | ジーコの決断 »

Mightly Mouse

2005年08月02日

might_mouse.jpg
出た〜!
ついに出た!
Appleがついに、
Macの象徴の一つでもあった
ワンボタンマウスからついに脱却し、
新しい時代に合わせたマウスを出しました。

それにしても美しい。。。
そして機能としても画期的。

ホイール一つにして右クリックを実現!
(ボタンが2つに割れてません!)
真ん中のポッチで360度スクロール可能。
マウス両側の感圧センサに、
いつも使う機能を割り当てることもできます。
僕ならExpose割り当ててガンガン使うな〜。

これはもう即買いですね!
僕はもうちっと我慢〜。

コメント (7)

Anonymous:

Mighty Mouse?
昔、アメリカのアニメにあったけど名前パクリかい!?
今まで社外で多ボタン?のマウス無かったの?
絶対使いやすいと思いますが、アップル社がひねくれてWINと同じにしなかっただけな気もしますな。
ま、使ってみて良ければなんでもいいですがね。

MACって
「お洒落さんいらっしゃ~い♪不細工は帰れっ!」って感じさせるので俺は一生使わないかもね。
あくまでも俺のイメージですが(爆)

好きでゲイツOS使ってるわけではないですがMAC・OSに乗り換える理由も無いし、ソフトの汎用性やハードの自作&互換性を考えると自然とWINになるのは仕方ないかもね。

MAC持ってる人のほとんどがデザインで買ってる気がするけど、逆にWINのメーカーパソコンってセンス無いよね・・・。
あ、あくまでも個人的なイメージです(笑)

デラ:

前のコメントは俺です。
名前入れ忘れたので。

nakagawax:

そうですね〜同じ名前ですね。
僕もケーブルテレビの時、観た記憶があります!

アップル純正以外では対応の多ボタンマウスはたくさんありますよ〜。
僕は2ボタンマウス持ってます!
友達でも使ってる人たくさんいます。
早く純正の2ボタンマウス出さないかな〜と、以前から話しておりました。

ひねくれて出さなかった訳ではなく、
Macの以前からのコンセプトの一つに
「初めて使う人でもわかりやすいようにマウスのボタンは一つ」
というのがあったからです。
OS10からは、右クリックにもOSレベルから対応していますし、
使う際はドライバのインストールも必要ありません。

>MACって
>「お洒落さんいらっしゃ~い♪不細工は帰れっ!」って感じさせるの>で俺は一生使わないかもね。
>あくまでも俺のイメージですが(爆)

ひょええ〜そんなことないですよ〜!
めちゃ誤解です!
僕はオサレじゃないですが、使ってます!(爆)

Macは使って楽しいですよ〜。
そしてとても使い易いです。
OSのデザインも素晴らしい!
今度お越しの際は、
是非触ってみてください!

デラ:

なるほど、やっぱり社外あるのですね。
しかし、さすが純正!お洒落を追求してますね~。
あとはクリック感なさそうなのが違和感アリですが
あきばおーで1980円で放出された暁には購入考えます。(笑)ちなみに今は同じ値段のゲイツ光マウス使ってますが不満無しですね。

>MACって
>「お洒落さんいらっしゃ~い♪不細工は帰れっ!」って感じさせるの>で俺は一生使わないかもね。
>あくまでも俺のイメージですが(爆)

林檎さんが不細工排除傾向ってことではなく、世間が過剰にお洒落・お洒落と騒いでいるようなので引いてるだけです(笑)要するに今の世の中の多くの現象に俺が引いているってことですな(苦笑)あ、街中の携帯電話中毒の人たちにも、どっ引き・・・・。

余談ですがIPODもまずデザインありきって感じで、液晶表示窓ないので買う気になりませんね~。
ま、既に栗のMUVO1G使ってますが特に不満無しだし。

しかし、MAC関連のデザインってお洒落すぎる(絶対作る側で「どうだお洒落だろ?」って思ってるはず(爆))のでやはり俺には合いませんね。この辺は好みの問題なのでしょうがないですが。

機会があればMACを触らせてもらおうかと思いますがゲイツOSより良い所ってどの変ですかね~?
それ以前にしつこいようですがハード変更の柔軟性と使えるソフトの種類なんかで、俺的にMACはアウトですね。
DOSV互換(自作)機は気に入った箱を使ってある程度幾らでもハードの性能上げたり変更ってのがMACってできないでしょ?
幾らMAC・OSが気に入っても今のハードシステムで使えないのはやはりガンですな。

ただ、MAC・OSがゲイツOSを駆逐してくれればそれはそれで歓迎しますね。ま、トロンが標準化してOS代がフリーってのが理想かな?

nakagawax:

ものすご〜くコメント長いですが、勘弁してください!

>林檎さんが不細工排除傾向ってことではなく、世間が過剰にお洒落・お洒落と騒いでいるようなので引いてるだけです(笑)要するに今の世の中の多くの現象に俺が引いているってことですな(苦笑)あ、街中の携帯電話中毒の人たちにも、どっ引き・・・・。

まあお洒落を過剰に騒ぐ人の事は気にせず、好きなようにやってもらいましょー。
あくまで自分は自分ですからね〜。
自分の目で見て、自分の意思で選ぶ。
そのスタンスは保っていきたいです。


>余談ですがIPODもまずデザインありきって感じで、液晶表示窓ないので買う気になりませんね~。
>ま、既に栗のMUVO1G使ってますが特に不満無しだし。

「iPod shuffle」は、デザインのために液晶を犠牲にしたのではなく、
一つのコンセプトがあって、この形になりました。
それは、「曲をシャッフルして楽しんでちょ!」というものです。
元々、20GBなどのHDタイプのiPodなどが発売されていましたが、
たくさんの曲を取り込んで、
アルバムの枠の制限なく、全曲通してシャッフルして聴いたりという行為が、
とても面白い!と評判をよんでいました。
「次は何の曲だろう!?」というドキドキ感ですね。
そこで、HDではなく、メモリのiPod shuffleを発売するにあたり、
あえて液晶を付けるのではなく、この「シャッフルで聴く」に特化した製品として、
液晶を排しました。
この発想の転換にはびっくりしました。
メモリ型プレーヤーでも、液晶付きが当たり前でしたからね〜。
よく考えると、普段外で聴いている時に、頻繁に液晶を見て曲を変えることって少ないし、
結構鳴らしっ放しですしね。

「iTunes」という楽曲管理ソフトから「iPod shuffle」に楽曲を入れるのですが、
この入れる過程も「オートフィル」という機能で、
保存してある楽曲の中からランダムに「iPod shuffle」に曲を入れてくれます。
なので、入れる時もランダム、聞く時もランダム、ということで、
「次は何の曲かな〜?」っていう新たな楽しみが付加されました。

液晶付きでしたら、HDタイプの「iPod mini」や「iPod」がありますよ〜。
ちなみに僕は40GBのiPodを使ってます。
約3000曲入れてて、容量は約12GBくらいです。
「こんなに容量いらないよ〜」って場合は、4Gの「iPod mini」があります。
でも外付けHDとしてデータを持ち運びできるので、僕は結構重宝しています。

さらについ最近ですが、「Podcasting」といって、
ラジオなどの音声コンテンツを取り込んで聴くこともできるようになりました。
吉本のお笑いラジオ聴いたりして、ゲラゲラ笑ってます!

でも、今使っておられるので満足されているならば、新たなに買う必要はないですね〜。


>しかし、MAC関連のデザインってお洒落すぎる(絶対作る側で「どうだお洒落だろ?」って思ってるはず(爆))のでやはり俺には合いませんね。この辺は好みの問題なのでしょうがないですが。

それは「そう考えてる!」と断言できないので、なんとも返答のしようがないです。
僕的には、そんなに上からモノを言ってるようには感じません。
あくまで好みの問題ですね〜。


>機会があればMACを触らせてもらおうかと思いますがゲイツOSより良い所ってどの変ですかね~?

まずは実物を触って、Macを知ってみてください。
「論より証拠」ですね。
今度近いうちに、一緒にMac見に行きましょう!


>それ以前にしつこいようですがハード変更の柔軟性と使えるソフトの種類なんかで、俺的にMACはアウトですね。

種類は少ないですが、かといって極端に少ないわけでもありません。
あー、ゲームは少ないな〜(苦笑)
他は、おそらく困らないだけのソフトはあると思います。
「メール」「ブラウザ」はもちろんのこと、
基本的に、「音楽管理」「写真管理・加工」「映像編集」「DVD作成」
「音楽作成」「スケジュール管理」「アドレス帳」「チャットソフト(AIM対応)」
「フォント管理」「データ同期」のソフトは最初から入ってます。
それからMacOS10からは、UNIXベースですので、
UNIXやLinuxのソフトもコンパイルすれば使えると思います。
僕はまだやったことないですが(笑


>DOSV互換(自作)機は気に入った箱を使ってある程度幾らでもハードの性能上げたり変更ってのがMACってできないでしょ?

全然できますよー!!
ロジックボードも替えれますし、
箱も替えれます。
半田ゴテでクロック周波数アップ!したりなんかりもできますし(壊れるの覚悟ですが・・・笑)
しかし、Winほど種類は豊富ではないと思いますが。
Macの自作や改造の本もいろいろ出てます。
僕はまだこの領域には手は出していませんが(笑


>幾らMAC・OSが気に入っても今のハードシステムで使えないのはやはりガンですな。

圧倒的Win普及のご時世とはいえ、ガンと呼ぶのはちと言い過ぎです。
Winのハードなんで、使えないのは仕方ないですね。
どうしようもないです。
気に入ったら買ってください(笑
Macも、来年からはCPUをIntelに順々に移行していきますが、
そうなると、インストールCDやDVDから
Win機にもインストールできてしまうので、
Intel Macにはセキュリティチップを載っけるとか記事が出ていました。
しかし、うまいことやればインストールできるのかも!?


>ただ、MAC・OSがゲイツOSを駆逐してくれればそれはそれで歓迎しますね。ま、トロンが標準化してOS代がフリーってのが理想かな?

トロンもMacOSも共にゲイツOSにやられた苦い経験がありますね。
MacOSはWinに、もろパクられましたし、
トロンは巧みな囲い込みで普及を妨げられました。
それから日本のメーカーは一律、Win搭載マシンとなりましたし。

と、言うわけで、
blogのコメントだと、
めちゃめちゃ長くなってしまい、
またこのエントリもアーカイブに潜ってしまうので、
お手数ですが、次はメールでお願いします!
それでは、また〜。

Beautiful blog with nice informational content. This is a really interesting and informative post. Good job! keep it up, hope to read your other updates. Thanks for this nice sharing.

What a waste of time. You're poor english made this article hard to read. Learn to write.

コメントを投稿

About

nakagawax (Nakagawa Masaru)

京都に生まれて育ちました。
東京で作曲・編曲活動しています。

> nakagawax.music
> mixi
> はてなブックマーク

このエントリーについて

2005年08月02日 23:26に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「THE LIFE AQUATIC WITH STEVE ZISSOU」です。

次の投稿は「ジーコの決断」です。

他にも多くのエントリーがあります。blogトップページアーカイブページもご覧ください。

携帯ブログ

qrcode.jpg
Powered by Movable Type 3.35