« ネパール一人旅 | メイン | iPod Photo »

ネパール一人旅:1日目

2004年11月05日

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
それでは、ネパール一人旅日記、始まります。
当時の空気をそのままお伝えしたいので、
できるだけ日記に書いてある文章をそのまま掲載します。
読みにくい部分もあるとは思いますが、ご容赦ください。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


1998年4月5日(日)曇り時々雨 カトマンズ HOTEL POON HILL US6ドル
nepal_dialy.jpg

ついに始まったネパール一人旅。
前日の午前4時まで準備をしていたせいで、むちゃくちゃ眠い。
とりあえず地下鉄で京都駅へ向かった。
「関空特急はるか」に乗り込んで、いよいよ実感が湧いてきた。
そして関空に到着。
訳もわからず、とりあえず乗客の人たちに付いていった。
それにしても関空はすごく大きい。
でかすぎる。
そのでかいものが、なんと海にぽつんとある。
それも驚いた。
見渡す限り海、海、海。
とにかく驚いた。

その後、トラベラーズチェックと米ドルをとりに向かった。
そこの係りの人が親切で嬉しかったな〜。
その後すぐに搭乗手続きをしにロイヤルネパール航空の所に行った。
そして約1時間後、いよいよ滑走路へ向けて出発。
まず金属探知機などでチェックされた。
いきなり「ピンポーン」となったのでかなりあせったが、
原因は時計と財布の小銭のせいだった。
その後、出国手続きを済ませ、シャトルに乗り込んだ。
それでビューン走って、14ゲートの所で、搭乗手続きをとった。
もう出発の5分前ぐらいで、かなり焦って急いで走って飛行機に乗り込んだ。
1_mother.jpg

飛行機は「ロイヤルネパール航空 412便」。
大きさはそんなに大きくなかった。
すらっとした機体で、座席も3席ずつが2列とちょっと狭かった。
俺は「16番のA」でなんと窓際だった!
しかも、翼のすぐ横で、ジェットエンジンが轟々と鳴っていた。
俺の横の2つの席は、女性二人の親子連れの方が座っていた。
二人ともとても親切で、初めての飛行機で何もわからない俺に、
いろいろと教えてくれた。
二人は沖縄出身だそうで、小高い丘に家があり、海が見えるという。
お母さんの方は、バドミントンを教えているそうで、元気な方だった。
娘さんの方は、物事をハキハキ言う、感じのいい方で、
とても話しやすかった。
ビザの申請用紙を取るのを頼んでもらったり、
機内食の事を聞いたりと、色々お世話になりました。
いきなりいい出会いが出来て、とても嬉しかった。
1_daughter.jpg

そして、途中、上海を経由して、全行程約10時間。
(1時間到着が遅れた!)
やっとトリヴバン空港に着いた。
話は変わるが、機内食は結構いけた。
昼食は、チキンの煮込んだ物とご飯、パンなど、
コーヒーもサービスしてくれた。
少しおやつタイムがあって、
夕食は、チキンのカレー風味と、ご飯、パン、サラダなどだった。

そして、いよいよ到着。
それにしても何をすればいいのか、さっぱりわからない。
まず両替所で、5000円を2250ルピー(ルピーはネパールの通貨単位)に両替。
そして、ビザを取りにいく。
とるのは「マルティプル」で、US60ドルだったが、何やら「少し待て」とのこと。
(ちなみに会話は全て英語です)
奥の方で偉いさんと話してから、OKが出た。
それにしても、10ドル紙幣をペラペラして俺にしきりに見せていたが、
何がおかしかったのか、意味が分からなかった。

そして、税関は何の検査もなく、あっさり通り抜けた。
すると、もの凄い勢いでホテルの客引きがたくさん寄ってきた!
(30人くらいはいた!)
最初は一泊8ドルとか言っていたが、最後は「シングル3ドル」とか言って、
しかも「Taxi Free!」とか言ったので、のこのこ車に乗り込んだ。
10分程走って、着いたところが「HOTEL POON HILL」。
ところが、少し話が違う。
「シングル3ドル」だったはずが、6ドルだ。
「おいおい、ちょっと待てよ」と言いたくなったが、
外も暗いし、タクシーはタダだったし、「まあ最初やからいいか」という事で決定。
出迎えの「Welcome Tea」をいただき、少し嬉しかった。

その後、マネージャーのラムさんが、「カトマンズの事を教えてあげる」と言ってきて、
Teaを飲みながら色々教えてもらったが、トレッキングツアーやラフティング等々色々勧められ、
「明日・明後日返事をして。早い方がよい」などと言われ、少しひいてしまった。
これを親切ととるか、商売ととるか、とても難しい。
人を信用したいが、なかなか難しい。
慌てて「もしトレッキングなどを考えるときは相談する」と言って、なんとかその場はしのいだ。
こういうのは結構難しいなぁ。
断るときはきっぱり断ろう。
明日はゆっくり過ごすぞ。
<つづく>

About

nakagawax (Nakagawa Masaru)

京都に生まれて育ちました。
東京で作曲・編曲活動しています。

> nakagawax.music
> mixi
> はてなブックマーク

このエントリーについて

2004年11月05日 23:23に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ネパール一人旅」です。

次の投稿は「iPod Photo」です。

他にも多くのエントリーがあります。blogトップページアーカイブページもご覧ください。

携帯ブログ

qrcode.jpg
Powered by Movable Type 3.35